事前の検査が重要!安全なインプラント治療を受ける

安定した噛み心地を回復する

歯を失ったときには噛み合わせを維持するための治療をする必要があります。そのひとつの方法がインプラントです。インプラントの特徴は歯を失った部位の顎の骨を利用して治療を行うことから、安定度が高いことが挙げられます。歯を失った部位の顎の骨に人工の歯根を埋め込んで顎の骨と結合させます。その後、結合した人工の歯根に人工の歯を取り付けるという流れになります。治療は長期間となりますが、安定した噛み心地を回復することができます。

細かな検査を実施して安全性を高める

インプラント治療は主に歯科クリニックで受けることができます。ただ、いきなり治療を開始するということはなく、さまざまな検査を行います。どのようなケースにおいてもインプラント治療が適用となるかは調べてみないとわからないからです。まずは人工の歯根を埋め込むために十分な強さが顎の骨にあるかを確認します。顎の骨の量が十分でないと判断された場合には顎の骨の強度を高めるための治療を行うこともあります。また、埋め込む際に神経や血管を傷つけないようにするために各種医療機器を使用して埋め込む角度や深さなどを慎重に検討します。これらの検査を行うことで安全に治療を受けることができます。人工の歯根についてはチタンでできています。チタンは金属アレルギーを起こしにくい性質であるとともに、顎の骨と結合しやすいという特徴を持っており、信頼できる素材と言えます。顎の骨に埋め込むという外科的処置が必要だからこそ、精密な検査が実施されます。

インプラント治療を受けたいけれど、不安を感じている方はとても多いです。杉並区で行うインプラントに関心があるならば、まずはカウンセリングを受けましょう。費用や治療方法について説明してもらえます。