知らなかった!歯科医が薦めるインプラント治療の基礎知識

インプラント治療ってどんなもの?

歯がなくなった時はショックですよね。噛みにくい、喋りづらいといった不具合が起きてしまいます。歯がなくなった部位によって違いますが、取り外しできる義歯や、ブリッジ、インプラントが治療の選択肢です。「インプラント」は正式には、歯科インプラントやデンタルインプラントと呼ばれています。虫歯や歯周病で歯を失ってしまった時、顎の骨に直接歯根を埋め込み、義歯を付ける治療がインプラントです。1本の歯から全部の歯がなくなった場合も適用が可能です。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療のメリットは、何と言っても義歯がしっかりと固定されることです。インプラント治療では、ブリッジ治療のように残った歯を削ったり、義歯を安定させる装置を付けたりする必要はありません。残った歯に負担をかけることなく治療ができることがインプラントのメリットです。インプラント治療の欠点は、顎の骨に歯根を埋入する手術を受ける必要があることです。そのため、全身の状態が良くないと適用が難しくなります。例えば、高血圧や心臓疾患などがある場合、掛かり付け医と相談する必要があります。インプラントには1回法と2回法がありますが、治療期間が2ヶ月から半年かかる場合があります。インプラント治療は保険適用外のため、治療費は全額負担の自費診療です。治療費は高額になってしまいます。インプラントは天然の歯よりも感染に弱くなってしまうことも特徴です。長持ちさせるためには数ヶ月に一度定期検診を受けましょう。

三鷹のインプラントは、最新設備が整ったクリニックにおいて高品質な治療を受けられるため、より健康的な生活ができるようになります。